03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.12/07(Sun)

ぴーたん。

このブログの右横に、「いくつかな? ぴーすけ・レボは生まれて10ヶ月27日♪」があります。
「あ~、もうすぐ2羽とも1歳かあ。早いなあ。」としみじみします。
12月10日はぴーすけ・レボの誕生日です。(お迎えしたのは、次月の1月5日でした。)

そして、この2007年12月10日はお迎えする予定だった、ぴーたんの命日でもあります。
(お迎え予定日は、2週間後の25日頃でした。)
ぴーたんは、セキセイのパイド・ブルーという種類の女の子。

お迎えする2週間前に亡くなってしまいました。5歳でした。

ぴーたんと出会ったのは、6年前の春です。
友人がセキセイを2羽飼い始めたということで、私に見せてくれました。
それが、ぴーたんと、セキちゃん(黄ハルクイン)でした。

画像 018画像 013
(左)ぴーたん。 (右)セキちゃん。セキちゃんは大人しくて可愛い女の子でした。3歳で天国へと旅立ちました。。。


当時、私はなぜかセキセイインコだけは苦手だったんです。
なので、バタバタ~っと部屋中を飛び回るぴーたんを見ての第一印象は、「コワイ・・・!」でした。

しかしその年の夏、事情があり、ぴーたんを1年ほど預かることとなったんです。
預かるまでの間、何度かぴーたんに会っていたので、少しずつ怖くなくなっていました。

ワンルームの部屋で、私とぴーたん。
このとき、「小鳥もいろんな表情を持ってるんだな」と気づきました。
あくびをするぴーたん。
ウトウトと居眠りするぴーたん。
「だして!」とケージに張り付いてアピールするぴーたん。
いつのまにか、「かわいいな・・・」と思うようになっていました。
ぴーたんの可愛い仕草にどんどん魅了されていきました。

ぴーたんとの生活が1年程続き、翌年の春、ぴーたんは友人の元へと帰っていきました。

そして4年経った昨年の7月。ぴーたんは体調を崩し、友人は病院へ連れていきました。
「偏った食事による栄養失調。そして飛べないのは筋力が弱ってきているからです。
飲み薬を出します。青菜・塩土・ボレーもあげてください。」先生は仰ったそうです。
その後、飛べることはまだできませんでしたが、少しずつ元気になっていきました。

ぴーたん
晩年のぴーたん。頭の羽色が、すっかり変わってしまって心配しましたが、獣医さんによると問題ないとのこと。ホッと安心しました。


そして数日後、私はぴーたんに会いにいきました。
ぴーたんをケージから出し、久々にチョンと私の指に乗ってもらいました。


「・・・・ぴーたんってこんなに小さかったっけ・・・!?」


何年ぶりだろう、小鳥を手に乗せるのは・・・。
私の指にぴーたんの温かい温度が伝わってきます。

「ぴーたん、かわいいな。。。」

私が話しかけると、ぴーたんは真っ黒な大きな瞳で私をじ~っと見つめていました。
それだけでもう、心にこみ上げるものがありました。

1人と1羽で暮らした時の日々の記憶が蘇ってきました。
200707011408000.jpg
水浴びではなく、お茶浴びが好きだったぴーたん。



友人は「事情があって最近は放鳥をしていない」という。
私は前回、ぴーたんと会って以来「また一緒に暮らしたいな。。。」と思い始めてました。
なので思い切って「大事にするので、ぴーたんを私に譲ってくれない?」と聞いてみました。
すると友人は考えてくれ、そしてついにOKの返事をもらいました。

私は非常に嬉しく、飼育を基本から勉強しようと飼育本を購入し、何度も読みました。
それとその時のマンションは動物不可だったんです。
苦情がきて、途中で手放すことは絶対嫌だったんで、4ヵ月後にペットOKのマンションへ引っ越しました。ペットOKで家賃が自分の収入に見合うとこってなかなか難しかったですが、頑張ってさがしました。

しかし・・・12月10日、ぴーたんは友人宅で亡くなりました。
朝、ケージを見るともう亡くなっていたそうです・・・。


これからまた一緒に、楽しく暮らせると思っていたのに・・・。

セキセイ苦手を、大好きに変えてくれた、ぴーたん。
ぴーたんにたくさんのものを貰ったのに、私は何も恩返しが出来なかった。
ごめんね、ぴーたん・・・。そして、ありがとう。。。という気持ちでいっぱいです。


しかし約1ヵ月後、ぴーすけレボに出会います。
しかも誕生日はぴーたんの命日。

きっと、ぴーたんがめぐり会わせてくれたんだろう。

「ありがとう、ぴーたん。
ほんとにありがとう。
ぴーたんのこと、これからも絶対忘れないよ・・・」

200709301233000.jpg
私の携帯の待受画面は、1年前からこのぴーたんの写真です。。。



最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(__)m
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ





スポンサーサイト

テーマ : セキセイインコ大好き - ジャンル : ペット

17:10  |  ぴーたん  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

●じ~ん・・・

リコさんの、ぴーたんへのあったかい愛情がたっぷりつまったお話でした。
最後に一緒に暮らせなかったのはとても残念ですが、
きっと天使になったぴーたんがいつもそばにいてくれているはずですよ!

「ぴーすけ」ってお名前は、「ぴーたん」から受継いでいるんですか?
ちびぴよ☆ | 2008.12.09(火) 20:22 | URL | コメント編集

●そんなドラマが

あったんですね。。。

お迎え予定日に亡くなっていて、その日に生まれたぴーレボ君が今リコさんと一緒に暮らしてる。っていうのは、偶然じゃないと私は思いました。
ぴーたんは、リコさんが自分をお迎えしようと努力してくれたこと、わかってたのかも知れませんね。
生まれ変わって一からリコさんと暮らしたいと、ぴーレボ君に生まれ変わってやってきたのかも知れませんね。

(ちなみにプロフィール写真のインコさん、ぴーたんだったのですね☆)
エミ〜ゴ | 2008.12.11(木) 20:26 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございますm(__)m

ちびぴよ☆さんへ
暖かいお言葉ありがとうございました。。
ぴーたんが亡くなった当時は、立ち直れないんじゃないかという位、毎日涙でした(;_;
ちびぴよさんが仰るとおり、今頃ぴーたんは天使になって、あの白い羽で自由に飛び回ってるかも。。。(^^)
「ぴーすけ」という名前の由来は、数年前、親戚の友達の鳥さんが「ぴーすけ」という名前だったんです。私は「めちゃカワイイ名前!!」と衝撃を受けまして、「男の子ならぴーすけにしよう!」とずっと思っていたんです(*^_^*)


エミ~ゴさんへ
そうなんです、プロフィールの写真はぴーたんなんです(*^_^*)
エミ~ゴさんの「ピーちゃん」の記事を読ませて頂いて以来、私も「ぴーたん」への想いを、記事に残したいとずっと思っていました。。。
ピーちゃんもぴーたんも、今頃天国で元気に飛び回ってるでしょうね(^^♪

それから、エミ~ゴさん、ごめんなさい!
ぴーたんはお迎え当日に亡くなったのではなく、お迎えの約2週間前だったんです。
私の書き方が悪かったのです。すみませんm(__)m(その部分を書き足しました。)




リコ | 2008.12.12(金) 22:41 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://avonriver.blog62.fc2.com/tb.php/77-2e986cd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。